建築に関する様々な知識が身に付く七呂建設

社会人になると、仕事をするためにさまざまな知識が必要になります。それはどの業種、どの企業でも同じです。七呂建設では、主に建築関係のスキルと知識を必要とします。ですが、入社後に研修等によって知識をつけるため、未経験者の方でもまったく問題ありません!七呂建設ではどんな知識が身に付くのでしょうか。

<まずは商品知識から>

最初に知っておかなければならないのは、七呂建設で販売している商品のことです。自社の商品のことが分からずに、お客様に説明することはできません。また工務や設計などの技術職の方も、自社の商品の特徴を知ることで、新しい商品を生み出すことができます。七呂建設では、入社後に、一定期間の研修があります。そこでもちろん先輩方が教えてくれるのですが、やはり自分自身でも書籍等を読んで勉強しなければ身につかないでしょう。
特に知識が必要なのは、営業と広報の仕事です。営業の方は、お客様に商品のことを説明しなければなりません。何か質問がきたら、きちんと回答しなければお客様に信用してもらえません。広報の方も、メディアに対応する際の質疑応答で、商品について答える場面が出てくるでしょう。せっかくお客様が興味を持ってくれて質問を貰っても、すぐに回答できないようでは、なかなか信用してもらえません。七呂建設の看板を背負って営業する以上、商品知識はまず身につけなければならない、最も重要な要素なのです。

<他にも必要な知識は多い>

商品知識以外にも、身につけておきたい知識がいくつもあります。例えば、CADソフトです。コンピューターを使って設計するためのソフトのことで、近年の建築業ではほぼ必須の知識です。七呂建設では、会社がCADソフトを従業員に貸与しますので、それを使って間取りなどを作成する能力が必要です。もちろん入社後に研修で学ぶのですが、事前に概要だけでも勉強しておくとよいでしょう。
他にも、見積もりの作成、資金計画、住宅ローンについての知識も必要となります。これらは、建築関係の仕事にはどれも欠かせません。先輩方がしっかりと教えてくれるそうですが、受身だけではなかなか身につかないでしょう。自分自身でも積極的に学ぶ姿勢が大切です。
これらの知識は七呂建設で働く上で欠かせないものですが、建築業界で働き続ける上でも非常に役立ちます。建築に関するさまざまな知識が身につくことは、七呂建設に入社して働くことのメリットでもあります。

仕事は常に勉強だと言われます。自分が知らないことを学び、新しい知識をどんどん吸収していかなければなりません。七呂建設では建築に関しての知識が十分に身につくので、勉強をしたいと思っている方には最適な環境と言えます。