七呂建設に向いている人、求められている人

企業には、求めている人材がいて、企業ごとに求める人物像を掲げております。とはいえ、求められる人物像とは、そこまで具体的なものではなく、どんな人なのか、どんな考え方なのかを重要視しています。
七呂建設でも、採用するにあたり、求めている人物像があります。果たしてそれはどんな内容なのか、そして七呂建設に向いている人とはどんな人物なのか、紹介いたします。

<お客様の幸せを考えられる人>

七呂建設は建築会社であり、当然家を販売するお仕事です。家には、お客様が住み続けることになります。だからこそ、快適で暮らしやすい家が求められます。家庭ごとに異なる好みやこだわり、それらをしっかりと聞いてあげて形にする。それが七呂建設の社員の仕事です。
七呂建設の求める人物像は、お客様の幸せを第一に考えられる人だそうです。企業の歴史は長いです。鹿児島県内で、すでに50年以上も営業を続けております。近年は、TVCMなども放映し、知名度も徐々に高くなっています。多くのお客様が興味を持ち、家のことを相談しにきてくれる。だからこそ、お客様の信頼を裏切ってはなりません。そのためには、お客様の幸せを第一に考えられる人が必要となります。
お客様要望に対して、細かく対応することができる力、金額のことを明確にしっかりと提示できる能力も要ります。お客様が七呂建設の家に住むことで、どうすれば幸せになるのか、それを常に考えなければなりません。それは、営業の仕事や広報の仕事だけではなく、工務や設計など、ありとあらゆる職に就く人が、共通して持たなければならない考え方なのです。

<向いている人物は?>

では、七呂建設に向いている人はどんな人なのでしょうか。まず、大前提として、長く働くことができる環境が整っております。地元に根付いておりますし、創業から50年以上続いています。新卒の定着率も、過去3年間は100%となっており、長く働くことができる人材が求められます。だから、建築に関して学びたいと考えていて、七呂建設で長く活躍したいという志を持っている人は向いています。
また、建築業には専門の知識が必要です。自分が知らないことを積極的に学ぶ向上心がある方も向いています。
工務や設計などは専門的な知識が求められますが、営業や広報は未経験者でも可能です。勉強熱心で、長く活躍したいと思っている人は、七呂建設の仕事はきっと合うと思います。

七呂建設にこれから入社したいと考えている人は、会社がどんな人物を求めているのかを知りましょう。そして、自分の強みは何か、求められている人物像になることができるのか、入社する前に判断する必要があります。