少しずつ違う七呂建設のモデルハウス

七呂建設はTVCMや広告の効果もあり、鹿児島県内でも知名度が徐々に高くなってきている企業です。これからマイホームを建てたいと考えている人は、七呂建設がどんな家を建てているのか知りたいと思うことでしょう。でも実際に建てた人の家の中を見せてもらうわけにはいきません。そこで役立つのがモデルハウスです。七呂建設のモデルハウスはいくつかあり、それぞれがちょっとずつ違う造りになっております。

<モデルハウス一つ一つにテーマがある>

家を建てたいと考えている方は、あれこれと色々とこだわりを持っております。ただ、一番重要と考えていることは、家庭ごとに違います。なので、モデルハウスでは、一つ一つに家づくりのテーマがあり、何を重要視している家なのかが分かるようになっています。
例えば、中洲モデルハウスは、木のぬくもりと和のテイストが中心になっております。ゆっくりと家で過ごしたい方、特に高齢者がいる家庭などで使いやすい家の構造となっております。鹿屋モデルハウスでは、太陽光発電を採用しております。屋根に付いている太陽光発電により、毎月数万円の売電収入を得ることができます。リビングには吹き抜けがあり、和室には縁側があるので、自然の風を感じることができる家になっております。
このように、七呂建設モデルハウスには一つ一つのテーマがあるので、どれも印象に残ります。これから家づくりを考えている人に、できる限り多くのモデルハウスを訪れてもらい、自分の家のイメージを造ってもらえるようになっています。七呂建設の仕事をすれば、こうした魅力的なモデルハウスの提案、設計、公務を担当することができます。自分が考えた家でお客様が笑顔になるのをみれば、より七呂建設の仕事の魅力が分かるようになるのではないでしょうか。

<モデルハウスにはお客様の未来が詰まっている>

モデルハウスの役割は、お客様に自分がこんな家に住んだらどうなるだろうという想像をしてもらうことです。そこには、わくわくするような楽しい未来の姿が待っております。七呂建設は、さまざまな場所にモデルハウスを建てています。できるだけ色々な人に、七呂建設の家はどんな家だろうと見てもらえるようになっています。
基本的には、見学申し込みをしてもらい、実際にきてくれたお客様に七呂建設の担当者が家のことを説明します。自分たちの自信のある家を説明し、その良さを知ってもらうことは、とても重要な仕事です。

鹿児島県各地に建てている七呂建設のモデルハウスは、それぞれが独自の魅力を持っています。七呂建設の社員になれば、モデルハウスの魅力を知ってもらうという重要な仕事も担うことになります。