七呂建設の家づくりのこだわりとは

七呂建設は建築会社です。モデルハウスをいくつも展示していたり、過去には鹿児島県内の有名な建築物の建築にも携わってきました。建築会社はそれぞれで、独自のこだわりや技術をもって家づくりに励んでいます。七呂建設も同様に、家づくりに対してこだわりを持っており、お客様にそのこだわりを伝えることも、大切な仕事としています。

<1.5倍広く使える家>

マイホームを持ちたいと考えている人は、やはり大きな家に住みたい、広い空間でゆったりしたいと考えていることでしょう。ただ、日本の住宅地はそこまで土地に余裕があるわけではなく、費用も考えると、ある程度坪面積は限られてきます。だからこそ、七呂建設は決められた広さの家の中で、空間を広く効果的に利用する方法にこだわりを持っております。
面積には限りがありますが、普通は部屋として使わないような空間を有効活用することにより、家を広く使ってもらおうという考えです。例えば、屋根裏であったり、1階と2階の間、また床下など、本来であればデッドスペースになってしまうところさえも、利用できるように家づくりしています。屋根裏では、天窓から空が見え、天体望遠鏡で星を観察することもできます。床下の空間は、アウトドアグッズを収納したり、自転車やバイクの格納庫として利用することができます。本来は使わない空間を利用することで、従来の部屋のスペースに余裕ができ、家をより広く使うことができる。それが七呂建設のこだわりなのです。
これは、5層構造の家という構想であり、新たに3つのポケットを生み出すのが、七呂建設の独自の発想です。

<地震に強い基盤作り>

北海道から九州まで、日本各地、いつどこで大地震が起きるか分かりません。東日本大震災以降、改めて家の耐震性について考えた人も多いのではないでしょうか。七呂建設の家づくりにおいても、もちろん地震への対策について考えられています。特に、土台の部分をより耐震性の高い素材を使うことで、地震に強い基盤作りをしております。例えば、豪州桧という樹齢約150年ほどの木材は、腐食しにくく、シロアリも逃げてしまうというものです。それを土台に使うことで、いつまでも安全に住めるようにしております。他にも、床下に乾燥した空気を通すような構造にし、使われている木材の耐久性を高めます。七呂建設の家は、こうした一つ一つにこだわりがあり、地震に耐えられるような設計になっているのです。

七呂建設で働く上では、こうした一つ一つのこだわりを理解することが大切です。そして、お客様により魅力的に感じてもらうように説明することで、契約してもらえるようになります。七呂建設で働くこと、それは会社が持っている独自の強みをしっかりと理解することでもあるのです。

管理人おススメサイト◇◇◇株式会社七呂建設-Wantedly